ニキビケア

にきびはできないようにするのが大事です!
普段から肌を清潔に保ち、保湿を忘れないようにするのが第一です。

でも、思春期は皮脂の分泌が盛んでにきびが顔中に広がってしまうことが
ありますね。

また、大人になってもにきびに悩む方は多いのです。
皮脂の分泌は減ってきて肌も乾燥しているのにニキビができる・・・
いわゆる大人にきびというものです。

そう考えると、10代から40代くらいまで、ニキビのできる年齢層は
幅広い、ということができます。

ニキビケアは年代と原因によって多少変わってきます。
思春期ニキビは皮脂の分泌が多すぎて、毛穴がつまり、皮脂が排出されず
炎症をおこしてできるものです。

ケアの方法としては炎症を抑え、清潔にし、保湿するようにします。

一方大人にきびは、ストレスや生活環境、ホルモンの乱れが原因で起きる
ことが多いと言われています。

ホルモンに働きかける化粧品や、ストレスを緩和するアロマの化粧品なども
大人にきびにはお勧めなんですね。

また、敏感肌の方はオーガニックのニキビケア化粧品なども試して
みるといいかもしれません。

オーガニックコスメは草木の成分を使用していますが、育った土壌も吟味
されているので安心して使えます。

おすすめのニキビケア

ニキビ用化粧品はたくさん出ていますが、肌のことを考えるとあまり安いものは
おすすめできないといえます。

ドクターズコスメは医師が監修したり開発に加わっているもので、
肌の改善の根拠がある化粧品と言えます。

添加物なども最低限に抑えられていることも多く、試してみる価値はありそうです。

ドクターズコスメのニキビケアで評判がいいのは、ビーグレンですね。
お医者さんが開発した化粧品で、ビタミンCセラム美容液はできかけの
ニキビなどは難なく消えてしまいます。(私の場合ですが)

また、肌の弱い方には自然派やオーガニック化粧品がいいですね。
敏感肌の方はそれぞれで、合う合わないが人によって違います。

自然派コスメで評判がいいのは、ファンケルやジュリーク、華蜜蓮、テラクオーレ、
ブルークレールなどです。

最近はディセンシアというブランドが敏感肌用のコスメとして人気があります。
特にニキビケアというわけではありませんが、保湿力が高いので
ニキビの予防にはピッタリと言えます。

ニキビケア化粧品はトライアルがあるものも多いので、まずは自分の肌に
合うかどうか確かめてみることから始めたいですね!

また、にきびが潰れた後の肌に悩む方も多いですね。
ニキビ跡と一口に言っても、肌が凸凹になる、シミになって残る、ケロイド状になるなど
その形状は様々です。

ニキビが潰れた後もきちんとケアして、ツルツルすべすべの肌に戻れるよう
きちんとケアしたいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ