ニキビと年齢

“にきびは思春期の頃から出来るようになると言われており、10代に入る年齢の頃には出来やすくなってきます。

10代だけでなく大人になってからでもにきびは発生するので、年齢に関しては高齢になってでも起こる事はありえます。

毛穴がある場所なら顔だけでなく体のどこにでも出来る可能性があり、思春期の頃なら成長期のホルモンバランスの崩れからくる皮脂過剰分泌で毛穴に皮脂が詰まって細菌が増殖して起こる例が多いです。

大人になってからのにきびは原因は様々で、ストレスや食事、運動、睡眠等の影響等が絡み合って起こり、水分不足から来る乾燥肌もにきび原因にも繋がります。

大人になってからのにきびは原因がつきとめにくく、悪化しやすくいつまでも発生する事がありますから、生活全般を見直しながらスキンケアを行っていく必要があります。

悪化させてしまうと炎症や膿が溜まってしまいますし、そうなる肌の奥深い所にまで傷がついてしまい、跡残りが発生してしまいます。

跡残りはなかなか消えてくれないもので、クレーターのように穴があいたり、色素沈着が残ったりしますから、早期治療を行うのが望ましいです、悪化を繰り返すと肌も汚くなってしまうので、初期段階で専門の方の指導のもと治療しましょう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>