凸凹肌

“にきびが治った後に、肌が赤くなったり茶色い色素沈着が残ったりでこぼこになったりすることがあります。
赤いにきび跡は比較的症状の軽い部類に入り、通常のスキンケアを続けていれば自然と改善されます。

茶色のにきび跡もターンオーバーの働きを活性化させて紫外線対策を怠らないようにすれば、
時間の経過と共に薄くなっていきます。

一番問題になるのは、肌の表面がでこぼこになるタイプのにきび跡です。
でこぼこのにきび跡ができてしまう要因には、にきびを潰してしまったり
間違ったにきびケアで刺激を与えてしまった等が考えられます。

お肌は表皮と真皮に分けられますが、表皮の方はターンオーバーによって生まれ変わります。
しかし、真皮の方は一度破壊されてしまうと再生されません。

お肌を傷つけたことによって真皮が破壊され、その部分が落ち込むことでクレーター状になります。

自宅でケアを行う場合は、ピーリング用の石鹸を用います。皮膚を傷つけないように細心
の注意を払いながら洗顔を繰り返すことで徐々に薄くなります。

短期間で効果を出したい時は、美容外科に行けばケミカルピーリングやレーザーによって
ケアすることができます。医師の指導を受けることで、正しいケア方法を知ることもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>