にきびと体質

日本人は欧米人と比べて、ニキビができにくいと言われていますが、それは欧米と日本の食生活の違いによるものだと言われています。

欧米の方は、日常的にハンバーガーやステーキなど脂っこい物を好んで食べられますが、日本人は野菜や魚を好んで食べる傾向があります。

脂肪分の多い食事がニキビができやすくなる体質を作ってしまうのだと考えられます

。最近の若い人たちの食事も欧米化し、原因である脂肪分を多く摂取するようになってきたので、ニキビ肌で悩む方も増えてきました。

ですので、一般的にニキビができやすい体質はと言うと、皮脂の分泌が活発で、脂性の肌の人の事を指すのです。

しかし、ニキビ体質であっても体質改善はだれにでも十分に可能なのですので、諦めることはありません。

皮脂を分泌する毛穴が詰まることで皮膚が炎症を起こすことから始まりますので、温めて毛穴を広げ専用の洗顔料でしっかりと洗って下さい。

ビタミンC誘導体やグリチルリチン酸ジカリウム、イオウなどの有効成分が含まれた化粧品を使用し、肌の新陳代謝をうながす事も大切です。

それと併行して、脂っぽいものを好んで食べる食生活をやめて、魚や野菜、海藻などを食べるようにしましょう。

規則正しい生活や十分な睡眠も健康な肌を作る為には欠かせませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>