にきびと芯

にきびができたら一刻も早く治したいものです。
そこで芯を自分で取ってしまう人は多いようです。

この芯は角栓と言います。皮脂の過剰分泌や肌のターンオーバーが
乱れると角質が増殖して毛穴が詰まります。

そしてゴマのような塊ができたのが角栓なのです。

この角栓は炎症を起こす前の白・黒にきびの状態なら取り除いても大丈夫なのです。
清潔な専用器具を正確に使えばです。

この状況でも間違った取り除き方をすると跡が残ってしまうことがあるので、
自分が皮膚科医でもない限り、自分での処理はおすすめしません。

初期のにきびには洗顔によって肌を清潔にすることが大切です。

それでも治らなかったり、早く治したい場合は皮膚科などで適切な
処置をしてもらうのがベストです。

皮膚科などでは芯出しや圧出を行う場合があります。
にきびの先端にレーザーを使って小さな穴を開け専用の器具で芯を
押し出す方法です。

この方法は、化膿したり、跡が残る可能性がほとんどない上、
レーザーの照射によって毛穴内のアクネ菌がダメージを受け活性を
失うので、早く治すことも可能なのです。

にきびを治したいなら、自分で潰すのは厳禁です。
皮膚科で診療を受け、自分にあった治療法を受けることが完治への一番の近道です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>