大人にきびの特徴

ニキビは思春期など若い世代に多い肌の悩みとなっていますが、この原因は成長期に皮脂の分泌が活発になることで起こるとされており、改善には皮脂のコントロールが大切となります。

そして、この症状は大人になって自然に改善されることが多くなっています。

それから、ニキビは大人になってからも治らない、いわゆる大人ニキビという症状もあります。

大人ニキビの場合は様々な原因で起こり、不規則な生活、食生活の乱れ、睡眠不足、喫煙や飲酒の影響、さらにストレス、ホルモンバランスの乱れ、肌のターンオーバーの低下、便秘、化粧品の影響など実に様々です。

そして大人ニキビの特徴としては、若い世代のニキビがTゾーンやおでこなどの皮脂の分泌が多いところに出来やすいのに対し、大人の場合は顎や生え際などのフェイスライン、首筋などにできやすくなっています。

それから大人のニキビの場合は若い世代に比べて治りが悪いことも特徴となっており、にきび跡が残って、肌の表面がでこぼこになりやすい傾向にあります。

そして、若い世代とは違い、肌の水分量が低下してきますので、乾燥でさらに皮脂が分泌し、ニキビができやすくなりますので、保湿ケアもしっかり行っておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>